探偵学校の学費とカリキュラム

探偵になるため、探偵学校に通うという人もいます。
探偵学校とは、探偵業務を行う上で必要な、調査の知識や技術を習得することができる場所のことです。
勘違いする方もいるのですが、探偵学校は他の専門学校や大学といった教育機関とは違い、塾や講習といったごく短期間で探偵としての知識や技術を習得する場所です。

この探偵学校に通うことができる人に制限などはありません。誰でもいつでも探偵学校に通い、探偵になるための勉強ができます。

いつでも入学することができる探偵学校ですが、探偵学校ごとに掛かる費用や勉強するカリキュラムに違いがあります。

探偵学校の話を聞くと、テキストだけ配布してそれで終わりというところもあるそうです。また、他の探偵学校だと、テキストの配布、実地調査の付き添いなど、現場目線で探偵の技術を身につけることができる探偵学校もあるようです。

憧れの探偵になるには何をすればいいの?

探偵という職業はよく、小説やドラマで見かけますよね。しかし現実世界ではなかなか馴染みがないという方も多いと思います。そのため、探偵に関する情報があまりないんですよね。しかし、探偵になりたい、尾行や張り込みをやってみたい、といった方は一定数いると思います。そこで今回は探偵になるにはどうしたらいいのか、一体何をしたらいいのか、を紹介していきたいと思います。

探偵になるにはまず探偵業を開業するか、探偵業者の従業員になるか、の2つに分けられます。探偵業の開業と聞くと難しそうですが、警察署に書類を提出するだけです。申請書類はインターネットで入手することが出来ますし、警察署のホームページには届け出の流れが書いてあるところもあるので、分かりやすいかと思います。探偵業者の従業員になる場合は、ハローワークや業者のホームページの求人情報を定期的にチェックしましょう。

求人に応募して、採用後は探偵としての基礎を学べる新人研修を行うところが多いです。そのため、探偵として働きたい、という気持ちはあるが、何も分からない、といった人でも大丈夫です。

憧れの探偵になるためには、意外と普通職業に就くのと変わらない印象を受けたと思います。探偵になりたい方は是非、参考にしてくださいね。

探偵になるために必要な事

職業には色々とありますが、中でも探偵は子供の憧れの職業です。
常にアニメやドラマでもかっこいい姿が描かれていて、そういった作品を観て自分も探偵を目指してみようとする人も少なからずいるのです。

探偵になるためには、まずは探偵事務所に勤めることが必要ですが、日本には探偵事務所が無数にあり、最寄りの求人広告などを見れば大抵探偵の求人が見つかります。

探偵に必要な能力は、人間心理を熟知していることや尾行能力や隠ぺい工作など、専門的な能力が求められていますが、助手として雇用されるなら自動車の運転や必要最低限のコミュニケーション能力など、社会人として当たり前に持っている能力だけでも十分に基準に達しています。

探偵として本格的な能力を身に着けるためには、最近では探偵専門のスクールがあり、そこで探偵の基本能力を学ぶというのが一番の近道です。

求人に応募する前にスクールに通って能力を身に着ける選択肢もありますが、探偵事務所に雇用された後で、スクールで学ぶという方法もあります。

スクールで十分な探偵能力を身に着けることが出来れば、探偵事務所に雇用される以外の選択肢として、自分で探偵事務所を開業するという道も開けてきます。

探偵になるためにはどうすればよいのか

探偵になりたいと思ったとき、どうすればよいのでしょうか。
探偵には資格と言うものが存在していません。開業するには公安委員会などへの届出が必要になりますが、探偵業者に就職すればその日から探偵を名乗ることも可能になります。

しかし、何の知識や技術も無いまま探偵を名乗ったとしても、依頼者が満足の行く結果を残せるものではありません。

新たな依頼につなげるためにも探偵になるための技術を身につけておく必要があります。
探偵業者に就職して徐々に身につけることも出来ますが、学校に通って専門技術を学ぶという方法もあります。

学校に通うことで、尾行の仕方や調査の方法などを具体的に学ぶことができます。
こういった探偵になるための学校はいくつか存在しますが、学校選びも重要になります。
国家資格では無いので、カリキュラム内容も学校によって変わってきます。学ぶ必要ががあるものか、何を学ぶことができるのかカリキュラムの内容をしっかりとチャックすることが必要です。
国家資格はないですが、民間資格を得ることが出来る学校もあります。
探偵について学んだ証になるので、就職や仕事を得る時にプラスに働きます。

また、学校の中には探偵業者が運営をしているところもあります。成績しだいでは就職先を紹介してくれるところもあります。そういったサポートがしっかりとしているところを選ぶのも学校選びの決め手の1つになります。