探偵になる方法として資格は必要無い

探偵という言葉を聞くと特殊な仕事と思われがちですが、調査業ビジネスによって法的ルールに従って行う仕事です。

探偵になる方法としては、探偵学校に通ってスキルを身に付けてから探偵事務所に入るという流れもありますが、個人開業を行う方法もあります。

探偵になるというだけの事であれば、特殊な技術や具体的な資格はなく、名乗れば誰でも明日から探偵と言えますが、公的機関に届出を行う事は必要です。

探偵業届出証明書が必要になりますから、探偵業界開始届出書や必要書類を提出てから発行してもらう事になります。

この証明書を貰う為には運転免許みたいに資格もなく、探偵業届出証明書があれば探偵業務を行える形となり、もちろん探偵に必要な素養というものはありますが、資格は必要ないです。

開業してからの方がハードルが高い仕事であり、顧客が居なければ仕事は成立する事は無いですし、一般的な職業と変わらず需要が無ければ成立しない仕事になります。

仕事内容で多いのは浮気や素行調査に関するものであり、こういった仕事を行うにはバレないように尾行したり、地道に張り込みを行なったり、調査用の機材を上手く使いこなしたり、そうしたスキルは必要です。

探偵学校に行けばそうしたスキルを効率良く身に付ける事が可能ですが、独学で探偵業を行う方も居ます。